クローレンについて

クローレンについて2018-08-10T10:28:50+00:00

パフォーマンスの伝統

クローレン社の歴史は、1974年、ピーター・クローレン・シニアが初めてクローレンフィードブロックのスケッチを製作したときに始まりました。既存の押出プロセスに改良が必要な場合、あるいは、まったく新しい何かを市場に出す場合、クローレンは最適なソリューションを見つけるお手伝いを致します。樹脂の選択からプロセスの最適化まで、お客様と緊密に協力し、より良い、競争力のある押出製品開発をお手伝いする。これが、創業の日から続いているクローレンのビジネスです。

なぜクローレンなのか?

クローレンは、押出ダイおよびフィードブロックの品質と技術のリーダーです

これは、業界標準となったCloerenによって開発された業界初のすべてによって確認されています。

クローレンは次の分野でも業界をリードしています。

イノベーション

カスタマイゼーション

トレーニング

トラブルシューティング

ダウンタイムの削減

歩留りの向上

パフォーマンスの伝統

クローレンは「箱から出て」考え、働き、お客様が最もお悩みの事項を解決するお手伝いを致します

押出プロセスの幅広いノウハウを持ち、30件超の公開特許および出願中特許を有し、イノベーションの道をリードします。クローレン社は、セレクタープラグ・カートリッジ、流路形状可変型フィードブロック(VG)、インナーディッケルシステム(IDS)、押出コーティング向けエッジビード低減機構(EBR)、エッジエンカプシュレーション(EDS)等、業界で最も重要な革新的技術を開発しました。

1974年以来、クローレン社はイノベーションを支持してきました。ピーター・クローレン・シニアによって築かれたこのイノベーションの伝統は、ピーター・クローレン・ジュニアとその家族に受け継がれ、業界で類を見ない安定性、継続性のある会社となっています。必要なとき、そこにいて、私達はお応えします。

クローレンは「箱から出て」考え、働き、お客様が最もお悩みの事項を解決するお手伝いを致します。押出プロセスの幅広いノウハウを持ち、30件超の公開特許および出願中特許を有し、イノベーションの道をリードします。クローレン社は、セレクタープラグ・カートリッジ、流路形状可変型フィードブロック(VG)、インナーディッケルシステム(IDS)、押出コーティング向けエッジビード低減機構(EBR)、エッジエンカプシュレーション(EDS)等、業界で最も重要な革新的技術を開発しました。

クローレンはお客様個々のニーズに合わせて各システムの設計を決定、最適化します。各システムに最適な鋼材を用い、優れた仕様と加工で製作を行なう結果、他社に真似のできない品質の装置となります。これにより、立ち上げが早く、運転速度が速く、仕様内に入りやすい製品ができ、ムダやダウンタイム、修理、メンテナンスの必要度が少なくなります。このため、クローレンのフィードブロックおよび押出ダイは運転コストが低く、投資回収効果が高くなります。問題発生時には、世界中に配した当社のスタッフがお伺いして解決のお手伝いを致します。これらのすべてが重なり、お客様の利益が向上します。クローレンは、装置寿命間の所有コストが低く、運転コストも低い、有益な装置を作る。この事が、最初の投資後ほどなく、おわかりいただけます。

クローレンの製品は、他社の押出装置に比べて高アウトプットを実現します。セレクタープラグ・カートリッジやトップハット設計により、層順変更がより簡単に行なえ、オペレーターがフィードブロックを完全に分解しなくても簡単に層構成を変更できるため、効率が向上し、ダウンタイムが減少します。実際にセレクタープラグを使用し、30分未満で製品の層順を変更することができます。この他にも、IDS(インナーディッケルシステム)、EBR(押出コーティング向けエッジビード低減機構)、EDS(ディッケルシステムでのエンカプシュレーション)等のクローレン社の革新的技術が、総合的な運転効率と歩留りを改善します。クローレンシステムは、使用樹脂の量を減らし、よりフラットで均一な製品を作ります。

これはクローネです

創業家からのメッセージ

複雑なエンジニアリングのファンダメンタルズへの実践的なアプローチを提供 – Cloerenはドイツの伝統を持つアメリカの会社です。有能な機械/機械工場は、押出ダイまたはフィードブロックを製造することができる。これは設計の能力または最低総所有コストとは言いません。

押出ダイおよび/またはフィードブロックの性能と信頼性は、多くの分野の包括的な理解を含むから派生。高分子科学、流体力学、熱力学、押出工学、機械工学、包括的なプロセス知識、および実践的これらの比類のない堪能し、確実に機能するシステムに科学分野を変換するためのノウハウ – 総称して、デザインの能力。これはクローネです。

総所有コストは、最低の設備投資によって測定されるものではありません。しかし、その代わりに、資本投資に加えて、資産の寿命にわたって運用コストで測定されます。プロセッサに最低限必要なポリマー大量生産の製品を満たすために使用されるポリマーの全ての過剰グラムはお金がかかります。ダウンタイムの1時間ごとにマネープロセッサーがかかります。設計の能力のみが、顧客に最も低い総所有コストを提供することができます。これはクローネです。

Cloerenは、世界最大の押出ダイとフィードブロックのサプライヤーです。販売ダイのメートルで、層の共押出の数は年間、販売、収益。サポートとこの位置を維持することは、デザインの能力を達成するために、チームとして一緒に働いて、専用の個人のグループによってのみ可能です。顧客の成功によって報酬を測定するチーム。これはクローネです。

ヘンリー・フォード氏はかつて、「お金だけにするビジネスは貧しいビジネスです」と言っています。つまり、お金を稼ぐよりもビジネスがあるということです。 Cloerenでは、顧客が作ったものをより良く作ることに情熱を燃やしています。私たちは押出工学の科学への私たちの貢献について情熱を持っています。私たちが作る製品を通じて生活の質を向上させるための私たちの貢献に情熱を持っています。これはクローネです。

Cloerenについてもっと知る

最新ニュース

クローレンの最新ニュースをご覧下さい

もっと知る

イベントのお知らせ

イベントにぜひご来場下さい。

もっと知る

沿革

1975年、クローレン初のフィードブロックから最新のイノベーションまで

もっと知る

受賞業績

クローレンは、数々の栄誉ある賞を受賞しています

もっと知る

よくあるご質問

クローレンおよび押出産業界の様々な事柄がわかります

もっと知る