A Heritage of Performance™
Call or email now: +1-409-886-5820

test

Did you know...
クローレンのメビウスマニフォールドダイは、滞留時間に敏感な樹脂に、広範なアプリケーションの可能性をもたらしました。

シングルマニフォールドダイ

ダイの正しい設計は共押出の成功に不可欠です。クローレンのエポックダイシリーズは、独自のマニフォールド形状と、流れと圧力の両方をコントロールする特許の二段階プレランドを特徴としています。他社にはないこの組み合わせにより、フィードブロック共押出において傑出した各層均一性を提供し、最終製品の品質向上を図ります。特許のエポックダイは、ダイが不均一に変形するクラムシェル現象に対応した初の商業ベースのダイとなりました。

エポックⅢ

クローレンの共押出用設計は、長方形の一定断面を含み、層不安定を最小限に抑えます。

エポックV

単層製品向けの設計は、ティアドロップ形の断面を特徴とし、滞留時間と剪断応力のベストバランスを提供します。

メビウスマニフォールドダイ

最も革新的な最新のクローレンダイである特許メビウスマニフォールドダイは、滞留時間とクラムシェル変形を減らし、プロセスウインドーを広げる、画期的なソリューションを提供します。

メビウスマニフォールドダイでは、マニフォールドの移行角度が変化し、断面積が減少しながらも、クローレンのトレードマークである後ろ側がストレートなマニフォールド設計を維持しています。

従来の「コートハンガー」マニフォールドは、一般的に、流路の接液面が均一でないために、クラムシェル変形が増加します。