A Heritage of Performance™
Call or email now: +1-409-886-5820

test

Did you know...
クローレンは、数十年にわたって業界の性能標準と考えられています。

リップ調整機構

オートゲージ自動リップ調整機構 – クローレンのオートゲージリップ調整機構は、厚さばらつきを狭い範囲に収める助けとなり、その結果、少ない原料の使用で、製品仕様に適合します。コンピューターによる自動プロファイルコントロールパッケージを使用し、厚さを継続的にモニターしてダイリップを調整、幅方向の厚さ均一性を最適化し、生産の最大化を図ります。これにより、仕様に速く到達し、さらに狭い範囲の厚さ許容値を達成する助けとなります。

クイックギャップリップ調整機構 – クローレンのフレキシブルダイリップと組み合わせ、最大7.6mm(0.300インチ)のダイギャップ調整が簡単に行なえます。リップ調整を何度も行なったり、リップ調整でダウンタイムを多く発生させたりせず、クイックギャップ機構は一点の調整で5.0mm(0.2インチ)のリップ調整が可能で、きわめて正確で再現性のある結果が得られます。中程度から厚物シートの運転において、流れ方向の厚さコントロールも改善できます。クイックギャップリップ機構をクイック・クリーン装置として使用、リップを開けてダイから汚染物を除去することもできます。