A Heritage of Performance™
Call or email now: +1-409-886-5820

test

Did you know...
クローレンのダイおよびフィードブロックは、箱から出てそのまま稼動することで知られています。

押出ダイ

クローレンは先進のダイ技術を提供します。樹脂はフィードブロック内で合流すると、ダイへ流入します。クローレンは、液の複雑性や樹脂プロセスにおける機械的および熱の影響を理解しています。

シームレスな統合

理想的な性能基準を達成するため、クローレンは、押出ヘッドシステムを流れる粘弾性流に科学的方法論を応用することを重点とする、規律正しいアプローチを取っています。三次元有限要素分析法や、最新の三次元モデルに基づく定義を用いた自社開発のコンピューター流れ解析を、総合的に応用し、3、4、5軸のCAM、7軸のCAIを用いて、コンセプトから納品まで切れ目のない統合を実現しています。

ダイ設計の考慮事項

クローレンダイの設計は、プロセスおよび製品の必要事項、歩留りの必要事項、樹脂の流動特性、流量、熱特性等を考慮しています。次の様なダイをご用意しています。

シングルマニフォールドダイ
マルチマニフォールドダイ
EBR押出コーティングダイ
ウェブコーティングダイ
ダイのオプション