A Heritage of Performance™
Call or email now: +1-800-256-3736

test

Did you know...
クローレンは、コストに対してではなく、プロセス仕様に対して装置を製作します。

押出コーティング

クローレンは、押出コーティングプロセス用に、世界的に知られている初のヒンジリップ式EBR(エッジ・ビード・リダクション)ダイを開発しました。押出コーティングおよびラミネーションプロセスで、ウェッブ幅の調整をより速く簡単に行ない、エッジビードを最小限にしたいとき、クローレンのEBRダイをご使用ください。

エッジトリム最小化によりムダを削減

EBRダイは調整式フル幅インナーディッケルを備え、ダウンタイムなく押出物の幅変更が可能で、エッジビードとその結果生じるトリムを最小限に抑えます。使用樹脂とムダのコントロールに役立ち、立ち上げ後数ヶ月でお客様の投資回収効果が改善されます。