A Heritage of Performance™
Call or email now: +1-409-886-5820

test

Did you know...
クローレンは、数十年にわたって業界の性能標準と考えられています。

よくあるご質問

共押出とは何ですか?

共押出は異なる樹脂を組み合わせてそれぞれの物性を1つの構成にまとめ、より高性能なあるいは独特な能力を提供するプロセスです。例えば、共押出により、強度は保ったまま薄くすることでパッケージングの資源削減が可能になります。共押出は複数の性能特性を持つ製品を作り出す最も経済的な手段でもあります。

どのような樹脂が共押出に使用できますか?

般的な樹脂としては、ポリエチレン、ポリプロピレン、アセタール、アクリル、ナイロン、ポリスチレン、EVOH、接着樹脂、PVDC等があります。

「ブラックボックス」とは何ですか?

 

1970年代の初め、ガルフオイルケミカル社(現在のシェブロンフィリップス社)の役員がピーター・クローレン・シニアと出会い、新しい共押出装置の希望事項を話し合いました。シェブロンフィリップス社のビジョンは、押出機1、2、3から1層、2層、3層の共押出構成を作れる装置でした。層順も比較的すばやく(フィードパイプを取り外さずに)変更できる装置で、また、合流する流れの流速を調整する機能も求めていました。

ピーター・クローレン・シニアはわずか数日後にクローレンフィードブロック第一号機のコンセプト・スケッチ、「ブラックボックス」を提出したのです。

 

クローレンフィードブロックにはどんな能力がありますか?

クローレンのフィードブロックは広範囲の樹脂、粘度、吐出量に対応し、2層から1000層超まで、業界をリードする性能と精度をお届けします。

流路形状固定型(FG)フィードブロックと流路形状可変型(VG)フィードブロックの違いは何ですか?

FGフィードブロックは特定の共押出構成向けの装置ですが、変更を行なうたびに装置を止める必要があります。VGフィードブロックは2層から11層まであり、装置運転中に調整が行なえるため、すばやい製品替えが可能で、ダウンタイムが少なくなります。

ダイとは何ですか?

ダイは、各樹脂がフィードブロックで合流した後に、フラットな複合構成として流れるところです。ダイにより、樹脂が生産するウェブの幅に均一に分布されます。共押出を成功させるためには、正しい設計のダイが重要となります。

マルチマニフォールドダイ対フィードブロック

これら2つの方式の最大の違いは、フィードブロック方式の場合、複数のメルト流がフィードブロック内、すなわちダイの外で合わさり、複合体としてダイ内を共に流れますが、マルチマニフォールドダイでは、各メルト流に決まったマニフォールドがあり、そこで樹脂が別々に広がり、ダイ出口の少し前で一緒になることです。

押出ダイとウェブコーティングダイの違いは何ですか?

最大の違いは、ウェブコーティングダイは感圧およびホットメルト接着樹脂、溶剤、水性、エマルジョン、溶液、スライド、カーテンコーティングに用いられることです。